PageTop

演劇ユニット金の蜥蜴

MENU

舞台裏ブログ

カテゴリ:日常

ワタクシゴト。

2006.06.27

さすがに潜伏期間中はここのネタもないので、更新が遅れてすみません。(^^;)

そして、久々の更新が暮川の私事でさらに申し訳ないのですが。(苦笑)

来月は、うちの師匠の一門の、二年に一度の発表会があるのです。ちなみに日付は山井の舞台の前日だったりしますが。(笑)
今年は「羽衣」を披く方がいらして、本格的な能をやることになっているみたいです。
これがなかなか…素人でやると金銭的に難しいので、大変だったりします。
が、ご本人もものすごく稽古なされたことでしょうし、なにより師匠の伝手で、正直とても素人の後ろでやられるような方々ではない囃方のお歴々の名前に、びっくりですよ!(笑)
これだけでも(あ…)タダで聞けるなんて、びっくりだなぁと、自分の出番はかなり後ですが、早めに行って拝見しようかと思っております。

さて…そんなワタクシですが、今回は仕舞で「鵺」をやります…。
赤月夜で鬼の次は妖怪ですか!?というくらい、最近人でなしな役ばかりですが。(爆)
ということで、4月くらいから稽古しているのですけれど…コレがとても難しい…。
何しろ今までやってきたことのない型ががっつりでてくるので、まずそれを体に覚えさせるのに時間がかかる。もう、流れ足ってナンデスカ?の世界です。(^^;)

さらに、面を切るのが苦手なワタシとしては、これが二度もあるというのが気分的に下降気味…なんとか今回はこれを習得しないと〜!と自分でプレッシャーを作り出しで追い詰める…。

勿論、謡の内容を考えながらなんて、とてもできる状態になってないのに、日は迫る…。
正直、かなり切羽詰ってます。(大爆)

山井クンはじめ、ホント、本職の方には頭が下がるばかりです…。

…と、二年ごとのこの時期になると、いつも思っている暮川でした…。
なんとかせねば…むむ。

全文表示

桜サクラさくら

2006.03.30

すっかり東京の桜は満開に…と書きたいところですが、今日は急に寒さが戻ったようで、今朝方の春雷の影響もかなりなものだったのではないかと思いますが、今何分咲きくらいなんでしょうかね?

ということで、先日仲間内でお花見に行ってきました。まぁ、「花より団子」なオトシゴロ(?)なので、たま〜に花を見上げる以外は、ずっと食べるか飲むか、だったのですが、意外と花も5分咲きくらいで楽しめました。満開のものもあったし。

ところで、日本人の桜好きは結構有名ですね。
能でも桜を題材にしたものが結構ありますし、能以外でもたくさんあります。
しかし平安時代まで、花見といえば梅を指すもので、桜を愛でる様になったのはやはり武士の文化になってからみたいですね。
桜の散り様が、武士道の「潔し」を連想させるからだと昔から言うようです。

そう考えれば武家に保護されていた能楽が演目に桜を選ぶのもわかりますね。
あの普段は毛虫がついたり、枯葉が散ったりと意外に手のかかる木である桜を、一年のうちのたった何日かのために大切にする国民気質。一瞬の散り際の美しさに美を認めるというか、むしろそこに美を見出す国に生まれた自分を、嬉しいなと思います。

能楽では勝ち戦の演目よりも、圧倒的に負け戦の演目のほうが多いですよね。
平家物語を題材にしているものが多いというのもありますが、平家を倒した源氏の侍たちが見たり演じたりするのに、平家の負け戦を、しかも「源氏バンザイ」みたいな内容ではなく、「戦は哀しいものなんだ」のような内容が多いのも、平家への弔いのような神事としての意味と同時に、きっと儚く桜のように滅びた平家の散り際を認めていたというのもあるのかも、と修羅モノの謡本を見ながらたまに(笑)考えたりもします。

純粋に桜やら花見やらを主題に盛り込んだものですと何が有名でしょうかね〜。
「吉野天人」「熊野」「嵐山」「桜川」「西行桜」…挙げれば枚挙に暇がないくらいですね。
こうやってみると、桜の「霊力」のようなものを取り扱った作品が多いですね〜…あんまり考えたことなかったな。(笑)
やはり昔から桜にはなにか特別な力があると思っていたのでしょうね。思うというより「感じていた」というのでしょうか。

…今でも「桜の下には人が埋まってる」なんて聞いたりしますからね…桑原桑原。<これは雷

全文表示

  • «
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4
  •  
  • 5
  •  
  • 6
  • »

最新記事

カテゴリ

過去ログ